アメリカのソフトウェア開発者についての見解

私は逆に、米国のソフトウェア技術者の多くは、過剰に給料が支払われていると思いますよ。その副作用がインターネット・バブルの崩壊だと考えています<

シリコンバレーの小さな企業がエンジニアを採用するために他社と差別化しようとすると、どうしても給料の金額を増やすしかなかったんです。マイクロソフトIBMヒューレット・パッカードといった企業は、スタッフがそちら(シリコンバレーベンチャー企業など)へ流出するのを防ぐために、彼らの給料を上げざるを得なかったのです。
 
 ところが、経済情勢は後退し、市場はエンジニアの高い給料を賄うほどには成長していないのが実状です。だからといって、自分の給料を自分で減らすのはとても困難でしょう? まじめな話、現実的には、米国のソフトウェア開発者の過剰報酬は調整の時期に入っていると思います。ソフトウェア開発者の経験しかない人間が、年棒10万ドル以上を稼ぐなんて異常ですからね。

やはり天国はないのか.

[permalink][contents][page top]