お金を儲けられる知性

今日はいつも愛読するBlogの著者梅田望夫さんにちょっち喧嘩を売ってみようと思います.
その前に少し前振り.

先日,googleで調べ物をしていた時に偶然とあるビジネス・セミナー講座のページに出くわしました.よくあるgoogle脱線というやつです.なんでもそのセミナーのの主催者が行った講座が大盛況だったそうで,目から鱗が落ちましたとか私は間違っていましたとか,勇気が出てきましたとかの参加者の声があったようで.
目から鱗が落ちましたって言う人が本当にいるのでしょうか?
他もそうですが,参加者の声として並べる文句としてはあまりにも陳腐で稚拙すぎます.今時通信販売の怪しげな購入者の声ですらもっとまともな文句を書きます.
で,こんな文句が並んでいるセミナーのページを読んだ人の感想は大多数が「なに馬鹿さらしてるんだあ」とか「レベル低い」になるでしょう.とはいえごく一部には「こんな稚拙な文句を並べる人が主催するセミナーでも盛況になるんだあ.その秘密が知りたい」と思う人がいるでしょう.

上記の文章は梅田望夫さんのBlogキャリア選びで重要な「向き不向き」の問題の以下の文章を低レベルでパクったものです.


さて、ここまでを読んだ読者の方にテスト。

(A) 「こういう世界は、成功するかどうかもわからないうちに株式を公開したりして、バブルの温床にもなるし、儲けられる人はいいかもしれないけれど、途中で莫大な損を蒙る人が出る可能性も大きいわけで、こういうルールやシステムっていうのは、どうなんだろうなぁ」

(B) 「なるほど、こういうルールでバイオベンチャーの世界というのは動いているのか。へぇ、面白いな。その詳しいルールをもっと知りたいな。そうすれば・・・・」

読者によっていろいろ感想は違うと思うが、(A)的感想が強かったか、(B)的感想が強かったか、ちょっと考えてみてください。

以下,梅田氏の文章は(B)的感想の持ち主の方がベンチャー向きでそこに「あるルールのビジネスゲームの場が開いている」のを見たとき、素直にそのルールで動くゲームを受容し、そのルールについて悩まずに面白がり、ルールの細部までを完璧に把握することに喜びを見出し、そのゲームで全力を尽くせるかどうか。ベンチャー創造の世界では、そこがカギを握ると続き,さらにルールを懐疑するタイプの知性は邪魔なのである。となりますが,少し分かりにくい文章です.コメントやTrackBackから見られる読者の感想もいささか混乱しているようです.
なぜこの辺の文章がわかりにくいかというと,勝手な憶測ですが梅原氏のBlogは広い範囲の読者に配慮する必要があり,また梅田氏自身がB型の人間に思い入れがあるので,ああいった表現になったのでしょう.
でもこの日記の読者は非常に少ないし,また僕はB型の人間に何の思い入れもないのできっぱりと書きます.
B型の人間の知性とは「お金を儲けるスキームそれ自体に興味があり,それ以外のことには関心がない,あるいは棚上げに出来る」というものです.
梅田氏のBlogには「マネックスの松本さん、楽天の三木谷さん」の名前も出てきますが,楽天の三木谷氏なんて人は外野から見るとまさにお金を儲けるスキームそれ自体に興味があり,それ以外のことには関心がない,あるいは棚上げに出来る人間そのものでしょう.三木谷氏は先日Jリーグのクラブ,ヴィッセル神戸を買収したのですが,その運営の仕方が一般のサッカーファンまさに(A)的性格の人々から、どれほどボコボコに批判されようが、意に介さないやり方で大失笑という変な言葉を使わざるを得ないほどの失笑を買っています.柏レイソルと対戦するというので柏餅を配るとかね.でも確かにあるルールが合法的に開いていて何を悩むことがあるか、そう自然に考えられる人がベンチャー創業に関わる仕事には向いているのだなと今のヴィッセル神戸を見て僕もつくづく思います.
でもこういう(B)的性格の人には,適当にお金持ちになったらとっととリタイヤしてほしいなとも思います.こういう(B)的な性格の人間がトップに座ったまま会社がでかくなったり,あるいは(B)的な性格のやり方でベンチャービジネス以外の世界に手を出されるとB型人間は迷惑この上ない存在になりかねません.前者の代表はゲイツ君,孫君,その他大勢で,このやり方を突き詰めて行った先がエンロン事件でしょう.後者については今のヴィッセル神戸を上げときましょう.で,イルハンって帰ってくるんですか?

ところで最初に上げたセミナーの例ですが,参加者の声はともかく講師の人選にはケチ付け屋の僕としても「へえー」と唸らざるをえないものがありました.ある店のオーナーで,僕も名前+αくらいしか知らないのですが,都内の一等地にあんな金かけたような店を作って,しかも扱う商品がアレですからペイするのかいなと思っていたのですが,ちゃんと儲かっているようです.
あの人の話なら確かに興味はあります.僕のは純粋に好奇心ですが,商売をやっているひとなら金を払っててでも話を聞きに行きたくなるでしょうね.
どうやらセミナーの成功の秘訣は,講師の人選にあるようです.

追記

柏餅その他の件についてはいちおうこっちも見といてください

KET SEE BLOG
http://ketto-see.txt-nifty.com/blue_sky_blue/2004/04/post_10.html


[permalink][contents][page top]